コンピュータークラブハウスとは

コンピュータークラブハウスとは

コンピュータクラブハウスは、
1993年に米国・ボストンで初めて設立された、
子どもたちに「いつでも」「安全に」「テクノロジーに触れられる」コミュニティのことです。
現在、世界20カ国100カ所に設置されています。
2013年には、オバマ元米国大統領もコンピュータクラブハウスに訪れるなど、注目が集まっております。

コンピュータクラブハウスに通う10代の子どもたちの中には、
独自の映画制作、DJ活動、映像制作など、テクノロジーを使って自分たちの好きなことを仲間と一緒に追求しています。

この取り組みは、世界中で広まっていますが、日本国内での実績はなく、
加賀市とみんなのコードは、この日本第一号となる取り組みを初の成功事例としたいと考えています。

MISSION & VALUE

コンピュータクラブハウスは、子どもたちに対して、創造的で安全な環境を提供することを使命としています。
また、テクノロジーに触れることのできるサードプレイスを創ることで、彼ら自身のアイディアを発展させ、
実現に必要な技術を涵養し、自信を持つことができるような場づくりを目指しています。

メンターの紹介

コンピュータクラブハウス加賀には、常駐のメンターがいます。
初めてでも安全に楽しくテクノロジーに触れることができます。

コミュニティマネージャー

末廣 優太

VR / 情報解析 / プログラミング

井上 周

金沢大学大学院 2年
専門:UI・UX研究

レタッチ / 3Dモデリング

小谷 咲里

金沢工業大学 1年
専門:建築工学

レーザー加工機 / ペンタブ

河西 勇季

ゲストハウスオーナー、塾講師
専門:デザイン

映像制作 / 編集

木村 悟之

映像ワークショップ 代表
専門:映像制作、メディアアート

プログラミング

永田 将太

金沢大学 4年
専門:フロントエンド

利用者の声

加賀市
小学4年生 本瀬 乃亜さん

AdobeのPremiereProというソフトを使って住んでいる地域のお祭りのPR動画を制作しました。
はじめはどうやって映像にすれば良いかわかりませんでした。けれど、コンピュータクラブハウスの人や地域の人にいろんなアドバイスをもらうことで想像していたことを形にすることができました。
絵コンテを描くところから完成するまで半年もかかるプロジェクトでしたが終わった時には大きな達成感がありました。
カット編集やワイプ作成、グリーンバック合成など様々な技術を身につけたので、今では自信を持って「クリエイター」と名乗ることができます。
今後はゲーム実況動画や頑張っている人を応援する映像を作っていきたいです。

加賀市
中学1年生 久保出 千仁さん

ドラえもんの秘密道具があったら、という感じの動画を作りました。女の子3人とあやおさんとの4人のグループでした。
みんなでストーリーを出し合って、主役・監督・カメラマンとじゅんぐりに役割分担して実際に撮影して楽しかったです。小松から来た子や大人も一緒にやっていて、仲良くなれてうれしかったです。
撮った動画をつなげるところが難しかったです。いらない所をどこでカットすればいいのか、メンバーと頭を寄せ合って考えたり、つなげる順番を間違えたり、時間がかかりました。
でも、動画をとる時のポイントや、パソコンの操作をスタッフの人たちが分かりやすく優しく教えてくれました。動画を組み合わせることで、現実ではできないような面白い動画を、また作ってみたいです。

加賀市
小学6年生 田中 来弥さん

私はコンピュータクラブハウスのイベント「コロコロコレクティブ」に参加しました。
初めて編集をして動画を作りました。はじめはすごくドキドキして、何から始めればよいかわからなかったけど、一緒にチームになった人たちと相談して、動画を作っていきました。編集のやり方も、メンターの方に優しく教えてもらったので、なんとか完成することができました。
今回教えてもらったことをいかして、次もやりたいです。

金沢市
高校2年生 島田 義大さん

コンピュータークラブハウスには、3Dプリンターやレーザーカッターなどの他では使えない機材がありいろいろなものを作りました。
プログラミングを学び、スキルが伸びました。
将来、プログラミングスキルを活かして、起業したいです。
併設しているものづくりラボのスタッフの方々にも、いろいろとアドバイスをいただきありがとうございます。
このような環境を与えていただいた加賀市、コンピュータークラブハウスには感謝しています。

金沢市
中学1年生 関屋 元希さん

コンピュータークラブハウスでの活動を通して、自由にものを作れたり、次は何をするかを考えることができました。また、コンピュータークラブハウスにいる人達はとても親しみやすくフレンドリーなので会話も弾みました。
そして何と言っても、3Dプリンターやレーザー加工機、レゴマインドストームというプログラミングができるロボットまで、多種多様な設備があるので飽きることなく楽しめます。
私は3Dプリンターでよくものを設計し、作っています。コンピュータクラブハウスを訪れるたびに使うのですが、立体モデルを作るのは難しく、何回も使っているのに慣れずにモデルを作るのに何十分もかかったりします。

コンピュータークラブハウス加賀概要

施設名コンピュータクラブハウス加賀(The Kaga Clubhouse)
住所〒922-0057
石川県加賀市大聖寺八間道65番地 かが交流プラザさくら 3階
※アクセスはこちら
開館時間水曜〜金曜:15:30から20:00 / 土曜:10:00-17:00(年末年始・特別休館日を除く)
対象年齢10〜18歳(市内外を問わず)
費用無料(一部、特殊機材の利用時に実費発生の可能性あり)
必要なもの特になし
参加方法施設に直接お越しください。