WHERE
TECHNOLOGY
MEETS
IMAGINATION

コンピュータクラブハウス加賀とは

コンピュータクラブハウスとは、1993年に米国・ボストンで初めて設立された、子どもたちに「いつでも」「安全に」「テクノロジーを知れる」コミュニティのことです。現在、日本を含め世界中19箇国において約100箇所の施設が存在します。2013年には、オバマ元米国大統領もコンピュータクラブハウスに訪れるなど、注目が集まっております。コンピュータクラブハウスに通う10代の子どもたちの中には、独自の映画制作、DJ活動、動画制作など、テクノロジーを使って自分たちの好きなことを仲間と一緒に追求しています。この取り組みは、世界中で広まっていますが日本国内での実績はなく、加賀市とみんなのコードは日本で初めてとなります。学校や家庭以外にも、テクノロジーに触れることのできるサードプレイスを創ることで、子どもたちの得意や隠れた才能を発掘し伸ばしていきたいと考えております。

コンピュータクラブハウス加賀でできること

いつでも

毎週金曜日から日曜日の10時〜17時開館しています。その時間内であれば、いつでも誰でも来て無料でコンピュータやデジタルのモノ作りができます

安全に


コンピュータクラブハウス加賀では、常駐のメンターがいます。そのため、初めてでも安全に楽しくテクノロジーに触れることができます

テクノロジーに 触れられる

プログラミングだけでなく、独自の映画制作、DJ活動、動画制作など、テクノロジーを使って自分たちの好きなことを仲間と一緒にできるような施設です。

Our services

3D プリンタ

グラフィックデザイン

ロボット

動画編集

プロトタイピング

プログラミング

活動ブログ

今後のイベント情報